自分にあったコンタクトレンズの探し方

コンタクトレンズには、度数だけでなく材質やカーブの度合い、機能を合わせると様々な種類があります。視力だけで選んでしまうと目に思わぬ負担がかかったり装着時に違和感を抱いたりする可能性があるため、自分の目が装着に適しているかどうかを眼科で判断してもらうことが大切です。またレンズ自体を選ぶ際も、装着する頻度や時間、場面によって適したレンズが変わってきます。自分で毎日レンズの手入れができればコストは低く抑えられますが、ケア用品の購入が意外とかかったり手入れ自体が面倒に感じたりする場合は、多少割高になりますが使い捨てのレンズを選ぶ方がかえって楽に使い続けられます。同じような機能を備えたレンズでもメーカーにより装着感に差があるので、試しに装着をしてから決めるのがお勧めです。

まずは眼科で視力や目の状態をチェックしてもらいましょう

まずは自分の今の視力を知るためにも眼科へ行く必要があります。コンタクトレンズを装着するには、視力を矯正するための度数だけでなく目の形状に合ったカーブの度合い、涙の量や質のチェックなどを行う必要があります。また装着感を比べるために、様々な形、材質、機能のレンズを試すことが重要です。これらはコンタクトレンズ外来を行っている眼科で受けることができ、ここである程度の好みのレンズタイプを探しておくと、自分に合ったレンズ探しがスムーズになります。レンズの購入はメガネやレンズを扱う店で行います。こちらでは、自分のライフスタイルや装着頻度、どのような目的でレンズを付けるのかなどから自分に合うものを絞り込んでいきます。お手入れの仕方や費用面もレンズを決める重要なポイントになります。

ライフスタイルに合った機能や、費用を踏まえて決めましょう

仕事や学校で長時間装着する場合は、酸素の透過性に優れ保湿力の高い目に優しいものがお勧めです。運転中や外出時など短時間しか装着しない場合は、機能がベーシックで安く買えるタイプで十分でしょう。毎日使う場合だと、使い捨てでないタイプが経済的ですが毎日の手入れが面倒です。手間を省きたいという場合は割高になりますがワンデーやツーウィークのものを選ぶと便利です。ただし使い捨ては一度外したら二度は使えないため、特にワンデーを使う場合は替えを持ち歩くのが無難です。目への負担を考えるならハードタイプがお勧めですが、スポーツをする人や裸眼のように過ごしたい人はソフトタイプの方が合います。乱視や遠視などがある場合はより特殊なレンズが必要になります。このようにコンタクトレンズには様々な種類があります。自分がいつどのようなときにどのくらい装着したいかをよく考え、それに合ったレンズを選ぶことが大切です。

定期購入の方は買い忘れがなく安心!会員ランクも上がりよりお得になります。 普段からコンタクトレンズを使っている人や、初めてコンタクトを使用する人に安心な国内メーカーを取り扱いしています。 メルマガ会員登録で500ポイントプレゼント! コンタクトレンズはもちろん、洗浄液などのケア用品1箱でも、送料完全無料でお届けいたします。 コンタクトレンズの激安通販サイト