コンタクトレンズの正しいお手入れ方法

コンタクトレンズを使っていると、たんぱく質や脂肪、カルシウムなどの目の分泌物や、化粧品や手指の汚れ、空気中のゴミなどの汚れが付着していきます。これらをそのままにしておくと、レンズに傷がついたり、視界がかすんだり曇ったりして見えにくくなったり、装用感が悪くなったり、目の病気やトラブルの原因になったりします。これらを防ぐ為には、毎日のレンズのお手入れがかかせません。また、汚れの程度は人によって違いますし、レンズの種類によってもお手入れの仕方は違ってきます。説明書を読むのも大事ですが、より効果的なケアのためには、まず基本のお手入れ方法を覚え、目やレンズの状態を見たり、眼科医に相談したりしながら、より自分に合ったお手入れ方法を探していくことも大切なことです。

コンタクトレンズのお手入れはこすり洗いが基本

ハードにしてもソフトにしても、コンタクトレンズのお手入れはこすり洗いが基本です。つけおき洗いはタンパク質や脂質を落とすことしかできず、洗浄力も弱いので、するにしてもこすり洗いを併用した方がいいでしょう。レンズのこすり洗いは、つける時と外す時の両方で行います。洗浄液は研磨剤入りの物があるので、レンズが研磨剤OKかどうか確認して選びましょう。1.石鹸できれいに手を洗い、レンズを手に取ってすすぎ液(ハードレンズの場合は水道水でもOK)ですすいで、利き手と反対側の手のひらにレンズを置きます。2.洗浄液を4~5滴たらし、利き手の人差し指の腹でレンズを軽く押さえ、前後左右に30回くらいやさしく泡立てるようにこすります(ソフトレンズの場合は一定方向に動かします。2週間タイプのものなら10回くらいでいいでしょう)。3.レンズをひっくり返し、反対側も同様に洗います。4.すすぎ液又は水道水(ハードレンズの場合)で、ぬめりが無くなるまでよくすすぎます。

ソフトコンタクトレンズは消毒が必要

ソフトレンズはその性質上雑菌が繁殖しやすいので、こすり洗いの後は消毒が必要です。消毒もやはり、つける時と外す時の両方で行います。消毒の方法には煮沸消毒、過酸化水素を使った消毒、マルチパーパスソリューション(MPS)を使った消毒の3種類があります。煮沸消毒は熱湯で煮て消毒する方法で、専用の煮沸器を使います。消毒効果は最も高く時間も短いですが、熱によってレンズが変形したりすることがあるので、煮沸消毒していいかレンズの説明書をよく確認しましょう。過酸化水素には強い消毒効果がありますが、目には劇薬なので中和が必要です。白金ディスクや中和錠剤を使えば消毒と中和が一度にできて便利ですが、消毒には6時間ほどの時間が必要です。MPSは一つで洗浄からすすぎ・消毒・保存まで出来る便利なケア用品ですが、消毒効果は弱めなのでレンズケースは常に清潔に保ち、装着する前に必ずMPSでレンズを十分にすすぐようにしてください。