安全で快適に使うためにコンタクトレンズの使用方法を紹介します

コンタクトレンズは今では視力の矯正だけでなく、おしゃれのために使うようになりました。若い方の間ではカラーコンタクトはとても人気です。このカラーコンタクトレンズ、あるいはカラコンと言われるレンズは視力が全く悪くない方でもおしゃれのためだけに使うので、おしゃれアイテムの一種だと言えるでしょう。また、レンズがどんどん安くなってきていますので、購入しやすくなりました。そのせいもあり、本体コンタクトレンズというものが医療用品だということが忘れ去られている部分もあるのではないでしょうか。コンタクトは目の上に直接をのせて使うものですので、正しく使わないと、最悪の場合失明してしまうこともあります。安全で快適に使うためには、コンタクトの使用期限を守ることや、ワンデータイプ以外のものではレンズをしっかりとこすり洗いして、清潔に保存することが大切です。そのことについて詳しくご説明いたしましょう。

レンズの使用期限をしっかりと守る

使い捨てコンタクトレンズには使用期限があります。現在主流のものはワンデータイプ、2週間使い捨てタイプ、1ヶ月使い捨てタイプなどでしょう。この期限はしっかりと守る必要があります。節約したいということで、少しずつ使用期間を勝手に延長するということは絶対に避けてください。例えば1日タイプのものを2日使うとか3日使うなどということはやめましょう。実際には1日タイプのモデル数日使うことは可能ではありますが、装用感がかなり悪くなります。キレイにこすり洗いをしたとしても、1日タイプのレンズは洗って何回も使うようには作られていません。ですから、変形しやすかったりします。汚れ落ちやすいように作られてなかったりするでしょう。よって、バクテリアなどがついたままのレンズを長い時間使うことになるかもしれません。これは1日タイプのレンズだけでなく、2週間タイプ、1ヶ月タイプでも同じことが言えます。大切なことは、2週間タイプだから14日間使えるということではなく、開封してから14日間しか使ってはいけないということです。この使用期限を守ることがとても大切です。

毎日使い終わったらこすり洗いをしっかりとする

ワンデータイプ以外のコンタクトは、レンズを外したら、専用の洗浄液を使って必ずこすり洗いをしてから保存しましょう。コンタクト使い始めて最初の頃はきちんと洗浄するのですが、慣れてくると少しずつさぼりがちになる方が多いです。 特にコンタクトを外すのは夜眠る前という事が多いでしょうから、かなり疲れている時間です。とりあえずレンズを外して、こすり洗いをしないでそのまま保存ケースに入れて保存してしまったりという場合もあるでしょう。翌朝使う前にこすり洗いをすればいいだろうとか、1日ぐらいこすり洗いをきちんとしなくても大丈夫だろうと思ってしまいがちですが、バクテリアが付いているコンタクト目の中に入れるというのは、恐ろしいことです。瞳や粘膜の部分に傷があるかもしれません。その部分にコンタクトに付着していたバクテリアがついてしまうと、ゆくゆくは失明をしてしまうかもしれません。 こすり洗いは片方につき、何分も行わなくてはいけないものではなく1分でも十分なので、しっかりと行うようにする必要があります。ただし、その洗浄液の使用方法を守るようにしましょう。